徳島県立阿南支援学校 ひわさ分校


〒779-2302 徳島県海部郡美波町北河内字本村360番地  電話 0884-77-2181  ファクシミリ 0884-77-1676   E-Mail ananhiwasa_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp 
 

ご挨拶

 
   校長の郡 俊 惠です。
 
   障がい者地域生活自立支援センターばんそうS&Sの皆様、保護者の皆様、そして地域の皆様には、日頃より本校教育の充実、発展に御協力・御支援をいただき心より感謝申し上げます。

 
 さて、平成29年度がスタートしました。
 本年度は小学部1名、中学部2名、高等部13名、計16名、昨年と同じ人数でのスタートとなりました。
 
 本校では、子どもたち一人一人のニーズに応じたきめ細やかな教育を推進し、個々の可能性を最大限に伸ばし、社会参加や自立できる力を育てるとともに、豊かな感性や人間性を育むことを目標に教育を進めておりますが、今年度は・積極的に社会参加ができる力を育てるキャリア教育の推進と安心・安全な学校づくりの推進という2点を重点課題として取り組んでまいります。

 キャリア教育の推進につきましては、ひわさ分校では、平成24年度より学校で学習したことが御家庭やセンターでで活かすことができるようにという般化の取組を、皆様の御協力をいただきながら進めてまいりました。今年度はその取組を、キャリア教育の視点からさらに進め、就業体験での般化の達成率が高まるように実践研究を行う予定です。

 安心・安全な学校づくりにつきましては、防災対策の充実を中心に取り組んでいきたいと考えております。災害は突然に起こります。災害時に子どもたちの安心と安全を確保することができますよう、さらなる取組を進めてまいります。

 今年度も、皆様の御協力をいただきながら、本校の教育のさらなる充実を図っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

                   阿南支援学校ひわさ分校長  郡  俊惠

 

校長室より

校長室より >> 記事詳細

2013/09/26

カネタタキ

| by:校長
分校には、虫の大好きな生徒がいます。

昼休み、職員室の窓から網をもった生徒と担任の先生の姿が見えました。

外に出ると、体育館の生け垣のあたりを、二人がのぞき込んでいます。

私を見つけた生徒が、「先生、カネタタキって知っとん?」と聞いてきます。

一瞬、ポケモンの仲間かとも思いましたが、状況からして何かの虫だと思い直し、「ごめん。

先生は見たことないんよ。」と言うと、生徒は私に向かって、いっしょうけんめい説明をし始め

ました。

すると、一緒に捜索していた担任の先生が、「しーっ、声がする」。

風で葉っぱがざわめく音、鳥の鳴き声、いろんな音に混じって、言われてみれば高い鐘の音

のような微かな鳴き声が連続して聞こえます。

そして、10秒もしないうちに、鳴き声が消え、カネタタキは去っていきました。

生徒はずっと虫が大好きで、教員が知らないような名前をどんどん出してきます。でも、驚い

たのは、担任の先生が彼と関わる中で、彼に負けないくらいの知識を身につけてきたというこ

とでした。

家に帰ってカネタタキをネットで調べました。コオロギのような姿をしていました。正直、私は、

虫にまり興味がありませんでしたが、これから彼がいろんな虫の知識を伝授してくれそうで

す。

それから、彼の虫かごに中には、「みやまくわがた」がいました。写真をとっていないので、紹

介できませんが、少し珍しい「くわがた」だそうです。
12:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)